So-net無料ブログ作成

君子蘭が咲いた [庭の花&その他]

我が家の君子蘭が十何年ぶりに再び咲いてくれた。

kunsiran-1.jpg

 

クンシラン(君子蘭)はヒガンバナ科クンシラン属(Clivia)の植物の総称。「ラン」とつくが「ラン科」ではない。

kunsiran-2.jpg

 

南アフリカの平原が原産。ヨーロッパを経由して、日本には明治時代に渡来した。ヨーロッパでは花を楽しむものとされていたが、日本では万年青などと同様に葉の美しさを楽しむようになった。それゆえ、古典園芸植物に分類される。

kunsiran-3.jpg

 

春の遅霜の心配がなく5月頃から戸外の遮光率30~40%程度の環境下で管理し、夏は遮光率50~60%で育てます。 室内で栽培をしていると、風通しが悪く日照不足となり弱々しい株に育ちます。

9月下旬ころから、再び遮光率30~40%の条件にし、気温が5~7℃位になるまで戸外に置き、外の低温にあわせます。その後、室内に取り込みます。遮光しないと夏に葉焼けを起こす原因となります。

kunsiran-4.jpg

 

我が家の君子蘭がいままでずっと咲かなかった理由は、1年中屋内に置きっぱなしで、充分に低温にあわせていなかったからだ。多分。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。