So-net無料ブログ作成
検索選択

インスタントラーメン、カラオケ、デジカメ…世界を変えた「日本の発明10選」―中国メディアが注目! [中国百面相]

日本文化は知らぬ間に我々の生活に深く入り込んでいる。1940年代末、日本の三菱電機は世界で初めて自動炊飯器を発明した。我々の生活にとって、これ以上ないほど身近なインスタントラーメン、カラオケ、計算機……なども実は日本人が発明したものだ。世界を変えた日本の発明品をまとめてみた。(source:「人民網日本語版」2013年11月20日)

(1)電気炊飯器
 
00-094-1_min.jpg 

1940年末に三菱電機が発明し、1955年に東芝がタイマー機能が付いたものを開発した。

2005年に、中国の炊飯器の生産量は6000万台に達した。直火を使って土鍋でご飯を炊ける若者はますます減っている。

(2)インスタントラーメン
 
00-094-2_min.jpg 

1958年に大阪在住の在日台湾人、安藤百福が発明し、日清食品が創立された。同社は1971年に世界初のカップ麺も発売している。

インスタントラーメンはある意味孤独なイメージを持つ食品だ。慌ただしい生活を送る都市生活者の多くが、自称唯一作れる料理だと自虐的に語るのがインスタントラーメンだ。
 
(3)電卓
 
00-094-3_min.jpg 

カシオが1957年に発明。1972年にシャープが超薄型電卓を開発した。

現在では計算機はほぼまったく価値がないものとなったが、2006年までに、カシオだけで世界中に10億台の計算機を販売している。

(4)ビデオテープレコーダー
 
00-094-4_min.jpg

1969年にソニーが原型となるUマチックを発明、1975年にはベータマックスを開発した。1976年に日本ビクターがVHSを発表した。

現在我々が動画サイトで視聴できる昔の古い映像は、すべて当時ビデオテープに頼って見ていた時代の忘れられない思い出だ。

(5)カラオケ
 
00-094-5_min.jpg 

1971年に井上大祐氏が発明。LD(レーザー・ディスク)の普及に伴い、1980年後半には東南アジアへも普及していった。

実際、カラオケの登場は、寂しさや失恋といった歌の表現にも変化を与えた。後に、広東語ポップソングのスタイルにも大きな影響を及ぼし、比較的容易に歌えて、心を揺り動かすラブソング、所謂「K歌」(カラオケで歌う曲)を生み出した。

(6)CD
 
00-094-6_min.jpg 

1976年にソニーが光ファイバーデジタルオーディオディスクを開発、1978年には150分録音できるものも発表された。1979年にソニーとフィリップスが共同でCDを開発、1982年に販売が開始された。

いつの頃からか、CDは雑音のない美しい音が再生されるデジタル新時代の象徴となった。そしてその頃からデジタルは永遠の象徴となった。

(7)ウォークマン
 
00-094-7_min.jpg 

ソニーが1979年に発明。同社は1984年にディスクマンも発売している。

1980年代、ウォークマンは青春や自由、エネルギー、個性、レジャーの象徴であり、お洒落なアクセサリーでもあった。その後1984年、ソニーは世界初のポータブルCDプレイヤー「ディスクマン」を発売した。

(8)デジカメ
 
00-094-8_min.jpg 

1981年にソニーが発明。1988年には富士フイルムが世界で初めてメモリーカードにデータを記録することができる「DS-1P」を発表した。

デジタルカメラの時代が到来すると、基本的に枚数の限度が取り払われ、フィルムを現像する手間や費用も必要なくなった。その気安さから、毎回の食事の記録や、会う人ごとに写真を撮りまくるようになった。

しかし、撮影したものをパソコンのハードディスクに保存するものの、再び見返すことはほとんどない。操作性が簡単なので、現在ではほとんどの親や祖父母の世代までもが写真を撮るようになった。

(9)ビデオカメラ
 
00-094-9_min.jpg 

1982年にソニーが「ベータカム」を発表。1983年には携帯に便利な家庭用の「ベータムービー」、1985年にはハンディカム「Video8」を打ち出した。

コスト的にも安く、長い時間撮影できたため、当時人々は、自分たちの子供たちや、ペット、旅行、特別なイベントなど、あらゆるものを現実のままに記録することに夢中になった。多くの学生は短編映画を撮り、ビデオ・アートという芸術ジャンルも誕生した。

(10)DVD
 
00-094-10_min.jpg 

1993年にソニーとフィリップスが「マルチメディアCD」を共同開発。同じ時期に東芝、パナソニック、日立、三菱、パイオニア、日本ビクター、タイムワーナーが共同開発した「SD(スーパー・デンシティ・ディスク)」と規格を統一し、DVDとなった。

CDと比べてパソコンにデータを保存することが容易であるほか、DVDの登場によって最も恩恵を受けた消費者は映画ファンだった。我々もテレビで連続ドラマを追いかけることは止めて、DVDを購入し、香港、台湾、中国、英国、米国、日本、韓国などの10話、20話の連続ドラマを深夜に見るようになった。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

名無し

ほとんどの発明品にソニーが絡んでたんだな
これだけの技術をソニーはすべて金の為に切り捨てたのは悲しいことだね
by 名無し (2015-07-12 12:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。