So-net無料ブログ作成
検索選択

9ドルのファッションで語る真実の中国の姿 [中国百面相]

0-91-1.jpg
 
時暁凡(シー・シャオファン)は独学で知識や技術を身につけた中国の写真家。最初は現地のアンダーグラウンド・アーティストを中心に撮影し始めて、キャリアを積んでから創作撮影の道に進んだ。

独特な芸術的センスが一般大衆に認められ、現在は中国のトップ写真家の一人。彼はいつも大量の背景と舞台照明を使って、強烈な感情を表現してきた。
 
 0-91-2.jpg

現在では初心にかえり、もう一度写真撮影の基本的な技術に戻って、商業やファッション写真で新しい撮影の技巧と概念に挑戦し、新たな一歩を踏み出している。
 
 0-91-3.jpg
 
新しいシリーズのこれらの作品は、山西省南部、汾河下流域にある小さな地方都市、臨汾市(りんふん-し)を舞台に撮影した。臨汾の古称は尭都。伝説上、堯の故郷とされる。
 
 0-91-4.jpg

モデルは素人の住民、予算9ドルで洋服をコーディネートさせた。唯一のルールは、地元の店で地元のスタイリストと共に探した「メイド・イン・チャイナ」の安い服だ。
 
 0-91-5.jpg

「単なるドキュメンタリーにしたくはなかった。中国社会の肖像と、鮮やかな色彩あふれる作り物のファッション界を融合させたかった」と彼は言う。
 
 0-91-6.jpg

そこから見えてきたのは、北京や上海などの大都市とはまったく異なる真実の中国の姿。急速な発展と古い伝統のはざまで、地方に暮らす若者たちは自分自身を見失っている。自分は何者か、どこから来たのか、そしてどこへ向かうのか──。
 
 0-91-7.jpg

ファッションとは本来、アイデンティティーを物語るもの。自己の在り方に迷う彼らと、9ドルのファッションが、不思議な調和をもって語り掛ける。
 
 0-91-8.jpg
 
 0-91-9.jpg
 
 0-91-10.jpg
 
 0-91-11.jpg

以下の写真は、去年のファッション雑誌に載せた「revolution」シリーズ。

歴史的な風味、さっそうとしている英雄人物、プラス中国の代表的な色「中国紅」(チャイナ・レッド)。
 
 0-91-12.jpg
 
 0-91-13.jpg
 
 0-91-14.jpg
 
 0-91-15.jpg
 
 0-91-16.jpg
 
 0-91-17.jpg
 
 0-91-18.jpg
 

テレビに映る中国の97%は嘘である (講談社+α新書)

テレビに映る中国の97%は嘘である (講談社+α新書)

  • 作者: 小林 史憲
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2014/02/21
  • メディア: 新書


2015年 中国の真実 (WAC BUNKO)

2015年 中国の真実 (WAC BUNKO)

  • 作者: 宮崎正弘
  • 出版社/メーカー: ワック
  • 発売日: 2014/09/19
  • メディア: 新書

 

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。