So-net無料ブログ作成
検索選択

台湾ソーセージ、香腸 [台湾百面相]

994-1.jpg
 
台湾の食卓でよくみられる台湾のソーセージ「香腸」、日本では「台湾式ソーセージ」や「台湾ソーセージ」と呼ばれる。中国語:「シャンツァン」、台湾語:「エンチェン」。

台湾の観光地、夜市などの屋台で必ず見かける地方色豊かな美食の一品。

「香腸」は、豚の肩肉と脂身を適当な比率で混ぜ合わせた肉のあんを、黒蔭油(伝統的な製法で造られた、黒豆の醤油)に浸けて味を含ませ、腸詰にしたもの。
 
 994-4.jpg
 
炭焼き、鉄板焼き、蒸し煮などの調理法で、弾力性に富み、ジューシーで香り高くなり、にんにくを合わせると風味がさらによい。
 
 994-3.JPG

そのまま食べてもおいしいが、チャーハンに混ぜると普通の焼き豚よりもいける。台湾の各地では地元独特の「香腸」があり、味もそれぞれ違う。

一部の屋台ではサイコロやピンボールなどのゲームが置かれ、店の主人と勝負して、勝ったら景品として「香腸」をもらえることがある。
 
 994-5.jpg

「香腸」は独特の甘みがあり、苦手な人は苦手のようで、その甘みが嫌いでなければ、一度食べると病みつきになる。私は大好き!

日本で買える真空パックの黒豚牌「台湾香腸」は、たいてい味は同じ。しかし、調理方法で味が変わる。フライパンに薄く油をひいて、弱火でころころ転がすと、焦げがついて、香りがいっそう高い。

時間のない方は、レンジでチンしてもおいしい。レンジでチンする場合は、香りがあまり出ない。
 
 994-2.jpg

一番おいしい調理方法はもちろん炭焼きである。

どっちにしても、薄切りのネギを添えて薄切りの「香腸」と一緒に食べると、甘みが抑えられ、苦手な方も案外とイケるかもしれない。デトックス効果が抜群で、「奇跡のハーブ」とも呼ばれているコリアンダー(香菜、シャンツァイ/パクチー)が嫌いでない方は、ぜひコリアンダーでどうぞ。
 

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。