So-net無料ブログ作成
検索選択
庭の花&その他 ブログトップ
前の4件 | -

カタクリは山の春を告げる花である [庭の花&その他]

993-0.jpg
 
カタクリは山の春を告げる花である。古くは「かたかご(開いた籠の意)」と言われた。早春の山野の花の中で、もっとも魅力的な花でもある。

「万葉集」の中で、大伴家持(おおとものやかもち)は「もののふの、八十(やそ)少女(おとめ)らが くみまがふ 寺井の上の 堅香子(かたかご)の花」と詠んでいる。
 
993-1a.jpg
 

続きを読む


柿の花とジューンドロップ [庭の花&その他]

二三町柿の花散る小道かな  正岡子規

 kaki-1.jpg

1町は約109メートル。200〜300メートルの道のあちこちに柿の花が落ちている、というのがこの句の光景である。

伝統的な季語に「柿の花」があり、その花は子規の句のように散っている。昔の「柿の花」は今の「ジューンドロップ」に当たる、と坪内稔典さんは『季語集』(岩波新書)で、季語として「ジューンドロップ」を挙げている。

柿日和――喰う、詠む、登る

柿日和――喰う、詠む、登る

  • 作者: 坪内 稔典
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2012/09/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
 
 
 
季語集 (岩波新書)

季語集 (岩波新書)

  • 作者: 坪内 稔典
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2006/04/20
  • メディア: 新書

 「ジューンドロップ」とは、6月に見られる果樹の落果のこと。果樹は、春に多くの花をつけるが、開花後1~2ヵ月ころの落果は一般にジューンドロップ「June drop」と呼ばれ,果実間あるいは果実と枝葉との養分競合の結果,胚の発育停止や養分不足を起こした果実が落果する。いわば自然界の間引きだ。

一方、日本では5月の終わり頃から6月にかけて、柿は黄色をおびた白色の花をつける。若葉と一緒に咲くためあまり目立たない。落ちやすい花で、地面などに散らばっているのを目にすることもある。

kaki-2.jpg 

柿の木は、6月から7月にかけて3回くらいのまとまった落果がある。「ジューンドロップ」は「6月の水滴」ではなく、「6月の落果」という意味なのだ。季語としては、まだまだ青二才って感じ。

柿の花土塀の上にこぼれけり  正岡子規

家々の庭にある柿の枝が道にせり出しているのかな。

しかし、正岡子規の句は、いったい何を指しているのだろう。「ジューンドロップ」?それとも「柿の花」?

柿の木は雌雄同株である。花は雌雄が分かれており、雄花は小さくかたまって咲き、雌花は大きく単体で咲く。花は白く、香りはほとんどしない。

雄花にはおしべが、雌花にはめしべがつき、雌花はそのまま実になる。雄花は一般的な品種(富有、伊豆など)にはつかないらしい。

渋柿は受粉しなくても結実するのだが、甘柿の場合、受粉しないと結実が安定しない。

kaki-3.jpg 

「ジューンブライド」という6月に結婚する花嫁のことは有名だが、日本では、梅雨に当たる6月に結婚しても、幸せは保証されないだろう。もっとも、結婚イコール幸せではないと思う。結婚していても、していなくも、幸せを感じる努力が大事なのだ。(これって、負け犬の遠吠え?)

渋柿の しぶしぶ花に 咲きにけり 小林一茶


長実雛罌粟(ナガミヒナゲシ)日本では帰化植物 [庭の花&その他]

ナガミヒナゲシ/長実雛罌粟/学名:Papaver dubium

0035.jpg 

地中海沿岸から中欧にかけての原産。日本では帰化植物として自生している。

 

0036.jpg

 

1961年に東京都世田谷区で初めて確認され、以後群馬県、福岡県などにも分布が広がり、現在では温暖な地方の都市周辺を中心に繁殖している。

 

0037.jpg

 

ひとつの芥子坊主から1000~2000の種子(ケシ粒)をばら撒いてしまうために爆発的な繁殖力を示す場合があり、地場の他の草花を駆逐してしまう可能性がある。

 

0038.jpg

 

そのため、園芸花として楽しむには花が終わり次第摘み取る(摘花)等の種子拡散を防ぐ注意が必要である。

 

0039.jpg

 

我が家では、最初はひと株しか植えてないのに、3年目の今年になって、この有様。確かに「爆発」としか言いようがない。


君子蘭が咲いた [庭の花&その他]

我が家の君子蘭が十何年ぶりに再び咲いてくれた。

kunsiran-1.jpg

 

クンシラン(君子蘭)はヒガンバナ科クンシラン属(Clivia)の植物の総称。「ラン」とつくが「ラン科」ではない。

kunsiran-2.jpg

 

南アフリカの平原が原産。ヨーロッパを経由して、日本には明治時代に渡来した。ヨーロッパでは花を楽しむものとされていたが、日本では万年青などと同様に葉の美しさを楽しむようになった。それゆえ、古典園芸植物に分類される。

kunsiran-3.jpg

 

春の遅霜の心配がなく5月頃から戸外の遮光率30~40%程度の環境下で管理し、夏は遮光率50~60%で育てます。 室内で栽培をしていると、風通しが悪く日照不足となり弱々しい株に育ちます。

9月下旬ころから、再び遮光率30~40%の条件にし、気温が5~7℃位になるまで戸外に置き、外の低温にあわせます。その後、室内に取り込みます。遮光しないと夏に葉焼けを起こす原因となります。

kunsiran-4.jpg

 

我が家の君子蘭がいままでずっと咲かなかった理由は、1年中屋内に置きっぱなしで、充分に低温にあわせていなかったからだ。多分。


前の4件 | - 庭の花&その他 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。