So-net無料ブログ作成
検索選択

昏睡状態の日本人帰国 「日本で助けられた」台湾男性が多額の寄付金 [台湾百面相]

0-97-1.JPG
 
今月5日、台湾での出張を終えて日本へ戻る途中の航空機内で倒れ、桃園県内の病院に運ばれ治療を続けていた50歳の日本人男性が、予定を繰り上げ22日夜、医療用の特別専用機で家族に付き添われ帰国した。費用については、以前日本で旅行中に大けがをした時に日本の人々に助けてもらったとして匿名の台湾男性が多額の寄付をした。

日本人男性は今月2日、資材の買付けで台湾を訪れ、5日帰国のため乗った飛行機内で意識不明に陥った。このため、同機は桃園国際空港に引き返し、桃園県内の病院に男性を搬送。脳幹出血と診断され、集中治療室での治療が行われ、当日夜には妻と娘が駆けつけた。
 

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

台湾各地で朝から猛暑 新竹で36.4度を記録 [台湾百面相]

0-053-1.JPG
 
中央気象局の発表によると、7日午前は台湾各地で高温を記録し、北部・新竹で午前10時5分に台湾全土最高の36.4度を観測。淡水35.5度、嘉義35.2度がこれに続いた。

同局では各地の気温は7日も引き続き上昇し、きょうからあす8日にかけて台湾に近づく台風8号の影響で気温が下がる見込みはないとしている。

また、環境保護署によると、正午時点の紫外線指数は台東で13、台北・桃園・新竹などで12、淡水・宜蘭などで11といずれも危険レベルに達した。同署では午前10時~午後2時は外出を避け、紫外線対策や熱中症の予防を呼びかけている。

7日~9日にかけての空気の質は、台湾東部や離島では良好で、西部は通常レベルの見通しだが、南部の高雄・屏東では大気質指数が100~120と警戒レベルに達し、敏感な人は健康状態に要注意。(台北 7日 中央社)

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

日本の集団的自衛権解禁、台湾が攻撃されれば自衛隊が助けにやってくる―台湾メディア [台湾百面相]

0-054-1.jpg
 
台湾メディア・自由時報は2日、日本政府が1日に憲法解釈変更による集団的自衛権解禁を閣議決定したことについて、その背景を紹介するとともに、台湾が攻撃されたばあいに日本の兵士が武力行使による支援を行うことになるとする記事を掲載した。

戦後日本は自らを「平和国家」と位置づけ、武力による国際紛争解決を放棄する憲法のもとで「専守防衛」を基本方針としてきた。憲法で認められていたのは、自国が攻撃されたときのみに武力の発動ができる「個別自衛権」だった。

「個別自衛権」では、日米両国の艦船が公海上を並行していたばあい、軍事同盟国である米国の艦船が砲撃を受けても日本は武力行使することができない。日本船が砲撃されたばあいには、米国船が同盟国として日本を保護することになるため「いったい何の軍事同盟だ」との疑問があった。
 

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

6月2日(旧暦5月5日)は、台湾三大節句のひとつ、端午節 [台湾百面相]

0-057-1_min.jpg
 
6月2日は旧暦の5月5日、台湾では端午の節句。端午の節句にちまきがつきもの。

台北市衛生局は26日、市販されているちまきは、塩分が高く、食物繊維が少なく、脂っこいため、慢性疾患のある人は、ちまきを控えめにしたほうがいいとアドバイスした。

0-057-2_min.jpg
 
端午節の正午(11時から午後1時)に汲み上げた井戸水は「午時水」といわれ、これを飲むと病気にかかりにくいといわれ、美容にも効果があるという。
 
0-057-3_min.jpg 

続きを読む


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理