So-net無料ブログ作成

最高峰同士の縁 富士山が台湾・玉山と友好提携 [日本百面相]

0-099-1_min.jpg
 
世界文化遺産に登録された富士山(標高3776メートル)と、台湾の最高峰、玉山(ぎょくざん)(標高3952メートル)の友好山提携調印式が7日、富士吉田市で行われた。

富士山周辺の自治体や観光協会でつくる「日本富士山協会」と、台湾の民間団体「中華民国山岳協会」が調印し、今後、観光や交流事業に連携して取り組むことになった。

玉山は、台湾のほぼ中央に位置し、豊かな自然を誇り、台湾人の精神の象徴とされる。友好山連携は、2012年に台湾側から友好提携の申し出があり、実現した。

式には、両者の関係者約45人が参加。日本富士山協会の庄司清和副会長は、「富士山は世界文化遺産に登録され、自然と文化的な価値の一体性が評価された。玉山の美しく豊かな自然環境はまさに絶景で、今回の提携は友好の架け橋として、今後の発展を推し進めると確信している」とあいさつした。
 
0-099-2_min.jpg

これに対し、中華民国山岳協会の何中達(かちゅうたつ)理事長は、「玉山は台湾人の精神のゆりかごと呼ばれている。これからも双方の交流をますます進めていきたい」と述べた。調印後、日本側は富士山があしらわれた漆塗りの文箱、台湾側は玉山の写真を贈呈した。

日本富士山協会では提携を記念し、今年3月、3泊4日の玉山を含めた台湾ツアーを企画しており、今後、台湾で富士山のPR活動を行う予定という。(2014年2月8日  読売新聞)
 
0-099-3_min.jpg
 

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

米国でのアジア人の見分け方、「澄み切った目=日本人」「狡猾な目=韓国人」「凶暴な目=中国人」-企業責任者 [日本百面相]

00-053-2_min.jpg
 
2014年1月16日、顔立ちだけでは西欧人の区別が難しいとアジアの人たちが感じるように、欧米人もアジアの人たちを顔立ちで判断するのは難しいと感じているに違いない。
 
このほど、山東省にある教育関連のコンサルティング会社責任者、楊敬(ヤン・ジン)氏は米在住のアジア系住民の見分け方について意見を発表した。

楊敬氏は、「米ニューヨークにはアジア系住民が多いが、一目でどこの出身かわかる。
 
身なりがキレイ行動に秩序があり目が澄み切ったこざっぱりなアジア系住民は日本人に違いない。
 
平坦な顔立ちで、目の奥に狡猾さをみてとれるのが韓国人。
 
気品があり明朗な印象を覚えるのは台湾人
 
そして、目つきが凶暴で、面相や行儀が悪いのは中国本土の人間だ」と海外におけるアジア系住民の見分け方を紹介した。(翻訳・編集/内山)(レコードチャイナ)

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

日本の子ども達 96.9%が「日本が好き」 93%が幸せ実感 [日本百面相]

00-063-6_min.jpg
 
日本食がユネスコの無形文化遺産に登録されたり、2020年の東京オリンピック開催が決定したり、改めて日本を意識する機会が多い昨今だが、Benesse教育情報サイトの調査によれば「日本が好き」という子どもはなんと96.9%にものぼることが明らかになった。

調査は2013年11月27日~12月3日、小学生から高校生までの1626人の子どもを対象に行われた。

今の日本をどう思うかという質問に対して「とても好き」と回答した割合は52.2%と半数以上を占め、「どちらかといえば好き」44.7%で、ほとんどの子どがよい印象を抱いており、「どちらかといえば嫌い」2.7%、「とても嫌い」0.4%と、嫌っている割合は極めて低い。

【図1 あなたは、日本についてどう思いますか?】
 
00-063-1.jpg

【図2 日本のどんなところが好きですか?】
 
00-063-2.jpg
 

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

アジアは中国・韓国だけじゃない! [日本百面相]

インド、マレーシア、フィリピン、パラオ、台湾……日本軍は、私たちの祖先は、激戦の中で何を遺したか。

金田一春彦氏が生前に感激して絶賛した「歴史認識」を辿る旅がついに完結。感謝!賞賛!の声、声、声……。

アジアは中国・韓国だけじゃない!

日本人よ、自分の国を愛しなさい!

00-069-1.jpg

日本のおかげで、アジアの諸国はすべて独立した。日本というお母さんは、難産して母体をそこなったが、生まれた子供はすくすくと育っている。今日、東南アジアの諸国民が、米英と対等に話ができるのは、身を殺して仁をなした日本のおかげである。」(タイ王国首相ククリット・プラモード)

われわれインド国民軍将兵は、インドを解放するためにともに戦った戦友として日本帝国陸軍将兵にもっとも甚大なる敬意を表します。(インド国民軍全国在郷軍人会代表S・S・ヤダウ大尉)

日本は中国に何も申し訳なく思うことはありません。日本軍国主義は、中国に大きな利益をもたらし、中国人民に権力を奪取させてくれました。皆さんの皇軍なしには、我々が権力を奪取することは、不可能だったのです」(毛沢東)
 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。