So-net無料ブログ作成
いい話 ブログトップ
前の4件 | -

スクーターの隙間で動けなくなったネコ 警察が救助/台湾 [いい話]

0-056-1.JPG
 
桃園市で5日、生後2カ月とみられるネコがスクーターのタイヤカバーとエンジンの隙間にもぐりこんだところ出られなくなり、市民の通報で駆けつけた地元警察に救助された。ネコにけがはない。

通報者によると、タイヤ部分からネコの鳴き声がしたものの、どこに隠れているのかわからず、ネコの身に大事があってはいけないと警察に連絡したという。

駆けつけた警察は、はじめはエサでおびき出そうとしたが失敗。最終的には工具を使い、スクーターの外装パネルを外して救助した。

桃園では最近雨が断続的に降り続いていることから、ネコは雨宿りをしようとスクーターの中に入ったのではないかと見られており、警察は素敵な飼い主が見つかればと話している。(桃園 5日 中央社)
 
0-056-2.jpg
 

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

二階から墜落した男児を通りかかった男性がキャッチ(中国広東省) [いい話]

 0-059-1.jpg
 
広東省中山市で2階の窓から転落した男の子(1)が通りかかった男性に受け止められ、無事だった。この驚きの瞬間は、街頭の防犯カメラに捉えられた後、メディアに報道された。

5月18日、同省は土砂降りの雨が降っていた。1歳ぐらいの男児がアパートの2階の窓から出て窓台に登っていた時、通りかかった男性がそれを見つけた。

映像では、男性は男児に室内に戻るようにと大声で呼びかけていた。そのうち、もう一人の男性が応援にきた。雨の中で緊張した2人は両手を広げ、男児を見つめて待ち構えていた。 

その叫び声を聞いた周辺住民がソファや段ボールなどを地面に敷いた。しばらくすると、子供は落下。男性の一人が、男児を見事にキャッチした。その後、母親とみられる女性が現れ、無事に助けられた男児を抱いて帰った。【大紀元日本5月26日】(翻訳編集・王君宜)
 

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

大震災3年:不明の愛猫戻る 首輪の電話番号が絆に 岩手 [いい話]

92-0.JPG
 
東日本大震災で行方不明になった猫が9日、約3年2カ月ぶりに岩手県大船渡市の家に戻り、飼い主の山岸剛郎(たけお)さん(67)、一子(かずこ)さん(64)夫妻と再会した。

子ども2人が独立し、寂しい生活を潤わせていた雄の黒い雑種で名前はスイカ。首輪に小さく書いておいた電話番号が絆になった。「お帰り!」。山岸さん夫妻は優しく抱き締めた。
 
92-1.jpg

県大船渡保健所によると、スイカは4月初め、山岸さん宅から南に約15キロ離れた陸前高田市の杉林で保護された。見つけた人が哀れんで連れ帰ったが、仮設住宅住まいのため周囲に迷惑がかかると同10日、保健所に託したという。

続きを読む


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

中国北京・故宮博物院(紫禁城)で暮らす100匹以上のノラ猫 [いい話]

紫禁城は中国明、清朝の旧王宮でユネスコの世界遺産(文化遺産)となっている。別称の「故宮」とは「古い宮殿、昔の宮殿」という意味で、現在は博物館になっている。等級は中国国家一級博物館に分類されている。

0-076-1_min.jpg
 
毎日、故宮博物院の閉館後は、誰も構内に残ることはできない。
 
0-076-2_min.jpg
 

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
前の4件 | - いい話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。