So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

台湾の「ドライ龍眼」、精神的な疲労を和らげる効果 [台湾百面相]

秋といえば、皆さんは何の秋を想像するのでしょうか。

読書の秋?スポーツの秋?芸術の秋?食欲の秋?色々な秋がありますね。それぐらい何にでも適している季節であるということなのでしょうね。この時期は滋養を取り、養生する季節だとも言われる。

台湾産の「龍眼」(リュウガンー果物)を干したもの、「龍眼乾」(ドライ龍眼)及び「桂圓肉」(けいえんにく)(ドライ龍眼の実の部分)は食べても漢方薬としても良い、伝統的な滋養と養生の優れた食品である。直接お茶うけとして食べても良し、湯に入れてお茶のように飲んでも良い。 
 
027d_min.jpg

龍眼はムクロジ科ムクロジ属の常緑小高木またはその果実。インドや中国南部、台湾などが主な産地と言われ、亜熱帯及び熱帯のアジア地域でも栽培されている。日本では九州の南側や沖縄の八重山列島などの一部地域で栽培されており、仲間となる種類では、ランブータンやライチーがある。
 
027a_min.jpg

龍眼(リュウガン)はゼリー状の果肉を持っており、その色調は半透明になっている。内部に種が入っており、その大きさと黒っぽい色からこの名称がついたと言われている。 
 
027b_min.jpg

ブドウの房と良く似た実り方をする果実が特徴で、その形状は丸く径は数センチ程度となる。果実は生食だけでなく、乾燥したものも広く利用される。中国料理では乾燥させたものを佛跳牆などのスープなどに使用する。

漢方薬として果肉を乾燥させたものを龍眼乾、或いは竜眼肉(りゅうがんにく)、桂圓肉と呼ぶ。心と体を補い補血、滋養強壮の効果が有るとされる。疲労、不眠、貧血、病後、産後の肥立ち、また胃腸に効くとされる。
 
027g_min.jpg

木は非常に大きく、十メートルを超えるものもある。果肉の味はジューシーで、甘さの質が良い。
 
台湾南部の台南、中部の台中と南投、南部の高雄と嘉義などの標高の低い山間部で龍眼は育つ。収穫期は7月中旬から9月中旬まで。
 
027c_min.jpg

龍眼は直接食用できる他、あぶることで「龍眼乾」にできる。さらに皮を剥いての「桂圓肉」は漢方薬の古い書物に書かれた、重要な滋養の薬材である。

伝統的な「龍眼乾」は、農家が窯で龍眼の木をまる4日間昼夜を通してゆっくり燃やし、龍眼から水分を抜いて燻製化、龍眼の持つエッセンスを凝縮したもので、加工の過程は煩雑で苦労を伴う。
 
027e_min.jpg

伝統的な手法で作られた「桂圓肉」は、外観は赤く潤い、弾力的な甘い食感で、濃い炭焼きの香りと果実の香りが重なる深みを生み出す。 
 
027f_min.jpg

「龍眼乾」は台湾で生産できる数少ない漢方薬材。糖や塩、化学添加物は一切入っておらず、天然かつ安全で環境に優しいという、現代人が重視する健康の特色を併せ持つ。
 
027h_min.jpg

台湾での今年の生産量は昨年より成長だそうだ。「龍眼乾」と「桂圓肉」の価格も比較的安定しており、今はまさに伝統的な「龍眼乾」を楽しむ絶好のタイミングである。

「桂圓肉」はこの時期、滋養を取り、養生するのにぴったりの食材だ。
 
特選干し龍眼 一級桂圓肉 一級龍眼の実 ドライフルーツ

特選干し龍眼 一級桂圓肉 一級龍眼の実 ドライフルーツ

 
台湾高雄産 龍眼肉 100g

台湾高雄産 龍眼肉 100g

  • 出版社/メーカー: 台湾茶工房 (株)デュオン
  • メディア: その他
 
台湾高雄産 龍眼肉 300g

台湾高雄産 龍眼肉 300g

  • 出版社/メーカー: 台湾茶工房 (株)デュオン
  • メディア: その他

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。